ピスコールは、夜尿症治療に適した新しいおねしょアラームです。

利用者様の声
  1. トップページ>
  2. 利用者様の声

利用者様からのうれしい声が届きました。ご紹介致します。

2012年〜2015年までの利用者様の声はこちら

声を届ける
2018/10/23
東京都(男の子) 591 橋本医院
ピスコールによりアラームが鳴る事で、「起こされたくない」という意識は働き、膀胱容量が多くなって改善すると言われています。
しかし膀胱型でなく、多尿型や混合型の場合にもピスコールは有効ですので、それだけでは、説明出来ない部分があるのも事実です。

329-1.jpg

2018/10/23
埼玉県(男の子) 590 済生会川口総合病院
ピスコールのアラーム音が大きくて怖い、とご意見の様に感じて頂くのも、鳴らしたくない=夜尿をしたくない、という意識が働く良い循環ではないかと考えます。
川口総合病院の藤永先生は、大変、優しい先生ですので、先生の励みによる効果も大きかったようです。

328-1.jpg

2018/10/23
石川県(男の子) 589 松任石川中央病院
夜尿症の治療では「起こしてはいけない」と言われるのに、アラームでは何故起こすのかと、よくご質問を頂きます。
その一番の違いは、”尿意がないのに起こしてはいけない”という事だと思われます。
お子様に限らず、おしっこで膀胱がいっぱいになれば自然と目が覚めるのが普通ですので、尿意によって起きられるようにする行動療法とお考え頂ければと思います。

327-1.jpg

2018/10/23
埼玉県(男の子) 588 さくまクリニック
ピスコールの感知した時の音とバイブが強いため、バイブだけにしてご使用されていたようです。
真夜中の大音量は周りへの影響(=ご本人以外の方が起きていしまう)がありますので、この使用方法も良い選択かもしれません。

326-1.jpg

2018/10/23
神奈川県(女の子) 587 あざがみ小児クリニック
お父さんが12歳まで夜尿があったそうです。
夜尿症の遺伝的な要因は、片親が夜尿症であった場合は、50%の確率でお子様に夜尿症が見られるとの統計データもあるようです。

325-1.jpg

2018/10/23
千葉県(女の子) 586 東葛病院
ご本人は、ピスコールのアラーム音には反応しなかったみたいですが、夜尿の時間が明方にシフトしてくることで、夜尿がなくなった事から、無意識の中でアラームを認識していたと思われます。

324-1.jpg

2018/10/23
東京都(男の子) 585 日本赤十字社医療センター
ピスコールを始められるまでの期間が1年余りと長い夜尿症の治療の為、最初は半信半疑だったようです。
ご使用開始してからは、3か月で卒業されたので当方も何よりでした。

323-1.jpg

2018/10/23
大阪府(男の子) 584 にしじまファミリークリニック
夜尿症の改善は、失敗しないだけではありません。時間がどんどん朝方にシフトするのも、膀胱におしっこを貯められる量が増えている証拠ですから、夜尿の時間にもご注意下さい。

322-1.jpg

2018/10/23
東京都(男の子) 583 東京女子科大学 泌尿器科
尿管の先天的な問題が、夜尿症の原因になっていたようです。
ピスコールでは治療改善にはつながらなかったものの、夜尿の記録と精密検査から問題が見付かりました。
手術も必要との事ですが、一日も早く、良くなられるのをお祈りしています。

321-1.jpg

2018/10/23
東京都(男の子) 582 世田谷子どもクリニック
混合型の夜尿症の為、お薬も色々試されたものの、改善が見られず、ピスコールをご使用頂きました。
2週間目に夜尿をしない日が出始めたのをきっかけに、その後は順調に改善され、無事、卒業されました。

320-1.jpg

新しい夜尿アラームトレーニングピスコール

- Topics Board -